エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

Philippinesフィリピン

住宅マーケット概況

近年、人口の増加に伴い、著しい経済成長を遂げているフィリピン。
日本から約4 時間、時差も1 時間しかありません。気軽に日本とフィリピンを行き来できる距離です。
エリアによっては危険なイメージもあるフィリピンですが、外国人が多く居住する『マカティ市』は話が別。
首都マニラの東南に位置するこの地域は、高層ビルが立ち並ぶフィリピン随一の近代的エリアで買い物天国としても有名、他エリアと比べて治安も改善されており、街並みもきれいに整えられています。

駐在員の代表的な住居エリア

マカティ市 レガスピエリア

ビジネスの中心であるマカティ市にあり、リトル東京(日本食レストラン街)もこの地区にあります。
特に単身者・ご夫婦の世帯には人気が高いのがレガスピエリア。
外国人だけでなくフィリピン人にも人気のGreenbelt、グロリエッタなどマカティでも有名な商業施設に近く、買い物、食事に便利なエリアで日本人学校のスクールバスもあります。

マカティ市 サルセドエリア

マカティのビジネス街に位置する人気の高層マンションが立ち並ぶエリア。
コンビニやカフェが多く、公園もあり、サルセド・ビレッジの中を散歩する人も多いです。
人気を二分するレガスピエリアに比べ ると、ショッピングモールなどの商業施設は徒歩で行ける距離ではありませんが、車で10 分ほどの距離にあり不便さはまったく感じません。日本人学校のスクールバスもあります。

マカティ市 ロックウェル

マニラ随一の高級住宅街です。日本人駐在員はコンドミニアムに住む傾向があります。高級ショッピングモールに隣接し、ショッピング、食事にも便利です。マカティのビジネス街まで車で20 分ほどと、便利な通勤距離です。日本人学校のスクールバスもあります。

タギッグ市 フォートボニファシオ

ここ数年で都市開発がとても進んだエリアです。富裕層向け都市開発プロジェクトに沿って、広大な基地跡地が再開発されているマニラ首都圏タギッグ市のグローバルシティ。
都市開発計画にも基づき開発された町並みは、「ここはニューヨーク?六本木?」と思わせるような街並みです。さらに日本人学校やインターナショナルスクールも近くにあり通学に便利。マカティのビジネス街までも車で約20 分と交通の便も良いです。

一般的な家具情報

マニラでの一般的な物件はFullFurnished(家具・家電付き)での賃貸となりますので、自分で家具・家電を用意する必要はありません。

住宅慣習

  • 一般的な仲介手数料:仲介手数料は賃料の1 か月分
  • 保証金(敷金/礼金):一般的には賃貸料の2か月分です。
  • 契約期間:フィリピンでの賃貸借契約は一般的に期間1 年契約になります。オーナー様によっては6 ヶ月契約に交渉できる場合があります。
  • 契約方法:法人契約・個人契約
  • 家賃の支払い:フィリピンでは、銀行口座間での支払いが盛んではなく、銀行の通帳で振込した人が確認できません。従って契約に関する支払い方法として次のような支払い方法が一般的です。

先付小切手(PDC)での支払い

1 年間の家賃(12 ヶ月分)及び敷金(2 ヶ月分)の合計14 ヶ月分を一括前払いで支払う契約。

前家賃(6 ヶ月分)敷金(2 ヶ月分)を前払いで支払い残りの6 ヶ月分を先付小切手(PDC)で差し入れて支払う契約

前家賃(2 ヶ月分)敷金(2 ヶ月分)を前払いで支払い残りの10 ヶ月分を先付小切手(PDC)で差し入れて支払う契約

*上記の例は一般的な支払い方法です。オーナー様によって支払いは異なります。

 
  • 管理費:一般的には家賃に含まれるケースが多いです。
  • 表記面積:バルコニーがある場合、表記面積に含まれます。
  • 中途解約:一般的にペナルティになります。(オーナー様によって異なります)
  • その他注意事項:お部屋が気にいった場合、なるべく早く申込金を支払う事をおすすめします。フィリピンでは他の外国人のお客様も多く先に契約されてしまうケースがあります。

BACK