エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

Indiaインド

ビザ取得方法 インド

住宅マーケット概況

ニューデリー、グルグラム地区の賃貸市場は、ここ5 年間で毎年5% ~ 10%上昇しています。2017 年度も昨年対比5%程上昇する予測で、当分は賃貸価格の上昇が見込まれます。

ニューデリー地区は高層アパートメントの建設に規制がある為、通常は一軒家をオーナーとシェアする事がほとんどです。その為供給が追いつかず、全体的にグルグラムよりも賃料が高くなります。

反面、グルグラム地区では高層アパートメントの建設が進み、至る所で建設中の物件が見られます。 駐在員の選択肢も多く、最新設備が整っていて、尚且つリーズナブルな価格で入居する事が可能です。

駐在員の最多価格帯は、ニューデリー地区で150,000INR ~ 200,000INR(3LDK or 4LDK)、グルグラム地区で100,000INR ~ 150,000INR(3LDK or4LDK) です。

交通手段がほぼ100% 車移動の為住宅の選択肢は多様です。

各不動産会社によって住宅の価格が大きく違う為、複数の不動産会社で情報収集される事をお勧め致します。

駐在員の代表的な住居エリア

ニューデリー

ニューデリーには多数の代表的エリアが存在しますが、中でもNationalHighway8 に程近いバサントビハールが一番人気で、多くの日本人駐在員がこのエリアを選択されます。

マーケットも近く、日本人学校へのアクセスが良好な事も人気な理由の一つです。

その他賃料が手頃で新築物件を好む方は、ディフェンスコロニー、グリーンパーク等の少し中心地から離れた場所も好まれます。

グルグラム

駐在員の80%が住むといわれるゴルフコースロード周辺は、高層アパートメントの建設ラッシュで、近年は冷暖房が付いたエアコンや大型冷蔵庫が付帯されているなど充実した設備のアパートメントが増えてきています。

その為、今後はゴルフコースロードに住む駐在員は更に増えていくものと思われ賃料の上昇が予想されます。

グルグラムのメイン商業エリア、MGロード周辺については、少し古いアパートメントが多いですが、グルグラムの中心地という事もあり、未だに人気があります。MG ロード周辺には多数の大型ショッピングモールが存在する事もあり、歩いてショッピングが出来る事も特徴です。

家具情報

家具なし、家具有りの両方を選択可能ですが、インドのアパートメントは最低3LDK の間取りがほとんどの為、家具購入の費用が高くつく事から、家具付物件を選ぶ方が多いです。近年は家具・掃除付でタオルなどのリネンも付いたサービスアパートメントが登場し、人気を博しています。

住宅慣習

  • 一般的な仲介手数料:賃料の1 か月分+TAX

  • 保証金:賃料の2 ~ 3 か月分

  • 礼金:無し

  • 契約期間:11 か月または 22 か月

  • 解約予告:1 か月~ 2 か月前予告

  • 契約更新:現状家賃から 5 ~ 10% の値上げ

  • その他注意事項:グルグラムには1LDK の日本食提供可能なサービスアパート、ゲストハウスが充実しておりますが、ニューデリーでは、単身者物件が少ないため、単身者でも3LDK のアパートを借りる事がほとんどです。又、ニューデリー、グルグラムでは電圧が不安定なため、日本の製品を持ち込むのは得策ではありません。

BACK