エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

ビザ取得方法

Indiaインド

 インドビザの申請書類や申請期間は非常に流動的であったが、2013 年に入ってから領事業務が改善され、ビザ申請要件や書類について非常に明確になった。
 ホームページのビザ関連ページが刷新され、ビザカテゴリー別に必要書類や申請行程手順が掲載されている。とはいうものの、申請書類は種類が多く、各書類に記載すべき事項の決まりごとが多いので作成には少しテクニックが必要だ。実績のある旅行会社に委託するとスムーズだが、個人で行う場合はインド大使館にオンラインで問い合わせをすると良い(電話可)。
 申請書は指定サイトで作成をするが、オンライン情報を「SUBMIT(登録)」してから10 日間有効なので、申請書類全てが整ってから申請書の作成に取り掛ろう。
 申請書類は大使館ではなく、居住区の管轄のインド大使館(東京・大阪)に持ち込みをする。オンライン上でビザ申請状況の確認もできる。就労ビザは原則として、マルチビザが発給され、以後、現地にて1 年ごとに最大2 年までビザの延長が可能だ。

主な駐在用のビザ

  • Employment Pass

申請・取得の基本パターン

パターン1 (日本で申請手続きを行い、ビザを取得したうえで赴任)

必要書類

本人の就労ビザ用(Employment Pass)

  • パスポート
  • 証明写真
  • Curriculum Vitae(経歴書)
  • Invitation Letter(招聘状)
  • Recommendation Letter(会社推薦状)
  • 雇用契約書
  • Letter of Undertaking(宣誓書)
  • 会社案内冊子
  • Certificate of Incorporation(会社登記証明書)またはReserve Bank of India(会社登記書類)
  • Certificate of Non Availability Skill(技能証明書)
  • 賃貸契約書/ ホテル予約書
  • 旧インドビザのコピー

家族帯同ビザ(Dependant's Pass)

  • パスポート
  • 証明写真
  • ビザ申請書
  • 戸籍謄本(翻訳)
  • Invitation Letter(招聘状)
  • Recommendation Letter(会社推薦状)
  • 呼び寄せ保証書
  • 旧インドビザのコピー
  • Undertaking Letter(身元保証書)
  • 赴任者本人のパスポートコピー*
  • 赴任者本人のビザコピー*
  • 赴任者本人の入国スタンプコピー*
  • 赴任者本人の滞在許可証*
  • ※ 赴任者本人の渡航後に別申請をする場合のみ

家族の申請

渡航後に申請。
赴任者と同様の手続きで行われる。
就労ビザ発給申請と同時の申請も可能である。

取得までの流れ(赴任者本人)

問い合わせ先

インド大使館(東京)

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-11
TEL:03-6453-8371

在大阪インド総領事館

〒541-0047 大阪府大阪市中央区久太郎町1-9-26
TEL:06-6261-7299