エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

ビザ取得方法

Indonesiaインドネシア

インドネシアに駐在する場合、「C-312」という就労目的の一時滞在ビザを取得してから入国することが一般的である。
ビザ申請に際しては、事前に現地で「ビザ発給許可証(通称:VTT)」の取得が必要である。これは、赴任先の現地法人から入国管理局に申請するもので、申請から発給まで3 ~ 6 週間ほど要する。VTT が発給されると、入国管理局よりインドネシア大使館(東京または大阪)へ電子情報によって許可の内容が入電され、ビザを申請・取得をする。

*上記の方法以外に、日本ではビザを取得せず、飛行機内や現地の空港で「到着ビザ(Visa on Arrival)」を取得してインドネシアへ入国、その後、隣国のシンガポールにて「一時滞在ビザ(C-312)」を取得するケースもある。

 「一時滞在ビザ(C-312)」にてインドネシア入国後は、7 日以内に居住区管轄の入国管理局にて「KITAS( 滞在許可)」の申請を行う。その後、警察への届け出、外国人登録、労働許可の取得等も必要で、手続きが煩雑なので、不安であれば、信頼できるエージェントへ手続きを委託すると良い。又、KITAS が取れないと引越荷物の関税が重くなるので注意が必要。

取得の流れ

VTTを取得

 必要書類を現地法人へ送付し、現地でVTTを取得する。

ビザ申請

インドネシア大使館でビザ申請を行う。

赴任

赴任後に現地で「KITAS( 滞在許可)」の申請を行う。

主な駐在用のビザ

一時滞在ビザ(C-312)

申請・取得の基本パターン

パターン2 (日本で手続き+現地で手続き 現地が先)

必要書類

本人のVTT取得用

  • パスポートのコピー(全ページ)
  • 証明写真/写真データ
  • 卒業証明書
  • Personal History(経歴書)
  • 雇用証明書
  • 任命書
  • 海外旅行保険証券コピー

本人の入国用ビザ(一時滞在ビザC-312)

  • パスポート原本
  • 証明写真
  • ビザ申請書
  • Personal History(経歴書)
  • Invitation Letter(招聘状)
  • Recommendation Letter(会社推薦状)
  • VTT(ビザ発給許可証)
  • E チケット

家族帯同ビザ(一時滞在ビザC-317)

  • パスポート原本
  • 証明写真
  • ビザ申請書
  • Personal History(経歴書)
  • Invitation Letter(招聘状)
  • Recommendation Letter(会社推薦状)
  • VTT(ビザ発給許可証)
  • E チケット
  • 赴任者本人KITAS コピー
  • 赴任者本人パスポートコピー

問い合わせ先

インドネシア共和国大使館

東京都品川区東五反田5-2-9
TEL03-3441-4201

在大阪インドネシア共和国総領事館

大阪府大阪市北区中之島6-2-40
TEL06-6449-9883