エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

ビザ取得方法

Singaporeシンガポール

 シンガポールに駐在する場合、日本での就労ビザ申請の手続きはなく、現地にて「就労許可証(WorkPass)」の申請手続きを行う。WorkPassにはいくつかのカテゴリーがあるが、日本人駐在員の場合は、通常「EmploymentPass」が該当する。「EmploymentPass」には3つのタイプがあり給与額、学歴、年齢等によってタイプが決定される。
申請先は、「MinistryofManpower(人材開発省/略:MOM)」で、MOMサイト上の「オンライン診断ツール(Self-AssessmentTool)」により、EPが許可される可能性が高いかどうかのチェックが可能((必ずEPの取得を約束するものではない)。
 手続きは、通常、赴任者が入国する前に赴任先の現地法人にて進めておく。以前は紙ベースによるマニュアル申請が行われていたが、現在はオンライン申請が主流で、申請から1週間程度で審査結果が通知される。
 なお、2014年8月から「MOM」でのオンライン申請前に、シンガポール政府の設置するオンライン・ジョブバンクに、あらかじめ赴任者と同じ条件での求人広告を2週間以上掲載することが義務付けられた。なお、従業員25名以下の企業および月額固定給1万2000ドル以上の求人については、求人広告の掲載が免除される。
 無事許可されたら、申請者本人が「EmploymentPassServicesCentre」へ出頭し、「写真登録」と「指紋登録」を行う。登録後は1週間程度で「EPカード」の受け取りが可能だ。

主な駐在用のビザ

  • Employment Pass

申請・取得の基本パターン

パターン5 (NO VISAで赴任、現地で許可取得)

必要書類

本人の就労ビザ用(Employment Pass)

  • パスポートコピー
  • 写真データ
  • 卒業証明書
  • 経歴書

家族帯同ビザ(Dependant's Pass)

  • パスポートコピー
  • 写真データ
  • 婚姻証明書/出生証明書
    (通常は戸籍謄本にて代用)

家族の申請

渡航後に申請。
赴任者と同様の手続きで行われる。
就労ビザ発給申請と同時の申請も可能である。

取得までの流れ(赴任者本人)

問い合わせ先

在京シンガポール共和国大使館

〒106-0032 東京都港区六本木5-12-3
TEL:03-3586-9111~2

在大阪シンガポール共和国名誉総領事館

〒590-8577 大阪府堺市堺区老松町3-77
TEL:072-223-6911