エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

ビザ取得方法

Vietnamベトナム

ベトナムに駐在する場合、日本でのビザ取得時はさほど難しい手続きはない。
2015年1 月に、ビザタイプが20 種類に細分化された。目的に合ったビザの事前許可を取得する必要がある。
駐在員の場合はDN ビザを取得することが一般的である。就労用のビザにてベトナム入国後は、「労働許可証(Work Permit)」と「一時滞在許可(Temporary Residence Card)」を申請・取得をする必要がある。
2013 年11 月にWork Permit 申請要件が変更になり、今までより厳しく審査されるようになった。
案件ごとで必要書類やリードタイムが異なる。 
「Work Permit」は、ベトナムでは外国人を雇用する必要性がある場合や「投資」の場合に限り発給される。最長3年まで更新可能。
「Work Permit」申請時に、「卒業証明書」や日本での「犯罪経歴証明書」などが必要となる為、出発前に準備が必要。
また、会社発行の「赴任命令書」を含め、日本で発行された書類は在日ベトナム大使館の「認証」を得ることが一般的である。
なお、健康診断の結果も必要になるが日本で用意する場合は、結果表を「ベトナム語への翻訳認証」をすることなど手間がかかる上、日本で用意した健診結果が「Work Permit 申請書類」として受理されるかはベトナム当局の判断となる。
そのため費用や手間、そしてリスクを考慮するとベトナム到着後に現地受診をすることをお勧めする。

手続の流れ

入国許可を取得

 ベトナム側で事前許可(招聘状)を取得し、在日ベトナム大使館または領事館で業務目的のビザを取得する。

ビザ申請

ベトナム大使館でビザ申請を行う。

赴任

ベトナム到着後に現地で健康診断を受診し、「Work Permit 申請書類」を行う。Residence Card の申請を行う。

主な駐在用のビザ

DN ビザ

申請・取得の基本パターン

パターン2 (日本で手続き+現地で手続き 現地が先)

必要書類

本人のWork Permit 取得用

  • パスポートのコピー
  • 写真
  • 卒業証明書/ 実務経験証明書
  • 犯罪経歴証明書
  • 健康診断書
  • 派遣任命書
  • 投資証明書
  • 経歴書

本人の就労ビザ用

  • 事前許可(招聘状)
  • パスポート原本
  • 入国許可証のコピー
  • 証明写真
  • ビザ申請書

家族帯同ビザ

  • 事前許可(招聘状)
  • パスポート原本
  • 証明写真
  • ビザ申請書

問い合わせ先

駐日ベトナム社会主義共和国大使館

東京都渋谷区元代々木町50-11
TEL03-3466-3311