トップ >  エリア別ガイド >  交通(バンコク)

交通(バンコク)

交通

BTS (通称スカイトレイン)で市内の渋滞を避けての便利で快適な移動が可能になりました。しかしまだ路線数が少ないため、メインの交通手段はタクシーや路線バスになります。ただしバスは路線数が非常に多く、同じ番号のバスでも車体の色が違うと行き先が違うなど慣れるまでは中々利用できません。また、交通マナーは悪く渋滞は世界最悪と言われています。

タクシー

空車のタクシーは腕を道路方向に出すと停車してくれます。まず、助手席のドアを開けて行き先を告げる。たまに乗車拒否をされる場合があります。発車する際にメーターを元に戻したかを確認してください。前の乗客のメーターを戻さない運転手がいます(初乗りは35バーツ)。

BTS

2 路線だけのため活用範囲は限られますが、渋滞の影響がない、安心・安全、言葉が話せなくてもOK、など慣れない赴任者にはメリットがあります。料金は距離に応じて7段階に設定されていますので、自分が行きたい駅の料金を確認し自動販売機で購入します。改札は自動改札です。改札機に挿入したチケットを引き抜くとゲートが開きます。もたついていると閉まってしまうので注意してください。

バス

バンコク市内のバスは種類がとても多く慣れるまでに時間がかかります。「エアコンバス」「ノンエアコンバス」では料金が大きく違います。さらに、エアコンバスでも新型の車体と旧型の車体では料金が違います。また、番号やバスの色で行き先が違ったりしますので最初はなれた人と一緒に利用するほうが良いでしょう。

運転事情

タイ全般

車は左側通行。バンコクは特に交通渋滞がひどく、交通マナーも悪く頻繁に接触事故が発生している。自ら運転している駐在員は非常に少ない。また、多くの日系企業で社員の運転を禁止している。ショーファードライブと呼ばれる運転手付のレンタカーサービスが普及しており、自ら運転するよりも安全で気軽に利用できる。
国際免許で1年間運転することができるが、それ以降は現地の免許を取得しなくてはならない。方法は、自動車学校に通い、運転免許試験場で試験を受けて免許を取得する。筆記試験と実技試験で3時間程度で比較的簡単に免許は取得できる。