トップ >  エリア別ガイド >  生活(北京)

生活(北京)

治安

中国の大都市の治安は比較的安全で、夜間の外出なども特に危険を伴うようなことはあまりありません。警察権力が強く犯罪には厳罰で対応しているので、凶悪な犯罪は多くありません。また、政府はオリンピック開催に向けた体外的なイメージの向上を図っていますので、今後も治安は安定して維持されるでしょう。ただし、空き巣やスリなどの軽犯罪の被害に合うケースはよく報告されていますので、注意しましょう。

医療

近年医療レベルも向上し、日本語の話せる医師や看護婦が勤務している病院も増えてきました。しかし、庶民が日常利用している医院などは衛生面などで、外国人が受診できるレベルではありません。一部の総合病院や外国人専用マンション内にあるクリニックでは、医療水準も高く英語、日本語が通じます。大きな病気や、入院・手術が必要な場合は日本に一時帰国するか香港へ行く日本人が多いようです。

日本人が利用する主な医療機関

中日友好医院国際医療部
北三環路和平里北側(中日友好病院東門)
010-64222-2952 (日本人専用24時間)
北京インターナショナル(SOS)クリニック
朝陽区幸福三村1号北信租賃中心C座
TEL : 6462‐9054
北京朝陽天衛診所(龍頭公寓内のクリニック)
朝陽区南新園西路8号 龍頭公寓南棟1F
TEL : 8675-0033
北京国際医療中心(インターナショナルメディカルクリニック)
朝陽区亮馬橋路50号燕莎中心オフィス楼/公寓
TEL : 6465-1561/62/63

教育

多くの子女は北京日本人学校で学んでいます。インターナショナルスクールを選択する家庭もありますが少数派です。文部省の学習指導要綱に添った授業が行われていますが、英語や中国語の教育に力を入れている点が特徴です。また、日系マンションの敷地内には日本の幼稚園がいくつかありますので、幼児を帯同する場合も安心です。

日本人学校で学ぶ

北京日本人学校
北京市朝陽区将台西路6号
TEL : 010-6436-3250
URL : http://www.jsb.org.cn/
酒仙ひまわり幼稚園
北京市朝陽区酒仙橋路二号(酒仙公寓内)
TEL : 010-86-10-6431-5546
URL : http://www.keikoukai.ed.jp/himawari/

生活慣習

中国全般

  • 中国語で時計をプレゼントすることは「送鐘」といい、「死」(送終/song zhong(葬式を出す)」)と同じ発音の為タブーとされている。「別れ」の意味を持つ「ハンカチ」(涙を拭くためのもの)「靴」なども贈物には適さないといわれているが、しかし最近であまりその事を忌み嫌う人は少なくなってきた。
  • 招かれたときには食事の一部を残すのが礼儀とされている。全部食べると「まだ食べ足りない」というメッセージを送っているようで、失礼に当たるとされている。
  • 食事の際の「ワリカン」という概念が無い。
  • 「げっぷ」は「お腹いっぱい」「ご馳走様」という意味があるので(地方によって)一概に失礼とはいえない。

その他

歴史的背景や内政に関する事などの言動などは避けましょう。