トップ >  エリア別ガイド >  交通(北京)

交通(北京)

交通

駐在員が日常的に利用する移動手段はタクシーです。流しのタクシーも多く街中のどこでも手軽にひろえます。また、バスの路線も非常に発達しています。路線が複雑なため慣れないとなかなか利用できませんが、活用できるようになると生活の幅が広がります。

タクシー

料金も安く運転手のマナーもまずまずでとても便利な移動手段です。基本料金は2元です。小型と普通のタクシーが走っており、小型のタクシーは快適さに欠けますが料金が割安になります。運転手は中国語以外は理解しないので、言葉に自信がない場合には行き先を紙に漢字で書けば通じます。悪質な運転手はかなり減りましたが、空港から利用する場合は注意が必要です。特に、日本語で「タクシー、タクシー」と近寄ってきた場合は無視したほうがよいです。悪質と言っても遠回りする程度ですので、犯罪に遭うようなケースはほとんどないでしょう。

バス

市内にはバスとトローリーバスが走っており、北京市民の足として活躍しています。通勤時間帯のバスは非常に込みます。バスを使って通勤している日本人はほとんどいないでしょう。エアコン付のバスは料金が少し割高に設定されています。バスのルートは3桁の数字で表記されています。バスルートを覚えて北京の人たちの暮らしに触れてみるのもよい経験になります。基本的に安全な乗り物ですが、混雑した車内でのスリには十分注意してください。

運転事情

中国全般

車は右側通行で赤信号でも右折が可能。大都市での通勤ラッシュ時は交通渋滞がひどい。交通マナーも悪く頻繁に接触事故が発生している。歩行者と自転車・バイクが入り乱れて通行するので、慣れない駐在員が運転するケースは少ない。 中国はジュネーブ条約に加盟していないので、国際免許証は使えない。日本の免許を中国のものに切り替えることが必要。その際は、試験場での筆記試験と健康診断が必要になる。実技試験は免除されるが、パスポートと居留証、日本の免許(中国語訳)が必要になる。