トップ >  エリア別ガイド >  生活(デュッセルドルフ)

ヨーロッパ都市一覧

生活(デュッセルドルフ)

治安

欧州で最も治安の良い都市と言われていますが、年々悪くなってきているようである。しかし、日本で生活していたとき以上に神経質になる必要はない。戸締りや外出時のスリや置き引きへの用心は日本と同じである。

医療

家族全員の健康管理を行うホームドクターを持つと安心である。ホームドクターは住まいの近くの一般医や内科医、小児科医を探す。緊急の場合以外は病院に直接行くことはなく、ホームドクターが必要と認める場合にその紹介状によって各種の病院で受診することになる。医療レベルは最高水準で日曜・祝日・夜間の救急体制も完備している。総合病院は英語の話せる医師が多い。日本人医師が開業している内科・歯科もある。

日本語の通じる病院

篠田診療所
Oststr.84, 40210 Dsseldorf
0211-161409
※取り扱い保険:プライベート保険、ドイツ公的保険、旅行保険
※予約制
※日本人スタッフ常勤
内科総合診療所(柏木医院)
Hofaue 91-93 42103 WUPPERTAL
02-02-24-53-20
※完全予約制
Maria Wroblewski(歯科)
Bismarck Str.51
0211--362455
Gemeinschaftspraxis Dr.Meijer und A Kruger歯科
RegentenstraBe 65. 41061 Monchengladbach
02161-26040

教育

日本人児童の6割位がデュッセルドルフ日本人学校に在籍している。その他はインターナショナルスクールに通い、週末に日本語学校補習校に通う。多数の幼児が現地の幼稚園に在籍しています。市に問い合わせると地域の幼稚園を教えてくれる。公立系と教会系があるが、行事にそれぞれの特色はあるものの大きな差は無い。

日本人学校で学ぶ

デュッセルドルフ日本人学校
Niederkasseler Kirchweg 38,40547 Duesseldorf GERMANY
Tel 0211-55770
URL : http://www.jisd.de/

生活慣習

ドイツ全般

  • 非常に物音に関してはうるさい国。不動産の規約などで朝8時前、夜の8時以降は掃除や大きな物音たてる事などを禁止している。その為お子様いる方は気を付けなければならない。子供の躾にも厳しく公共の場で子供が泣き叫んだりするのも非常に嫌う。
  • 人前で靴を脱ぐ事を非常に嫌います。来客時にスリッパを勧めるのは避けた方が良い。
  • 日本では手招きするときに手の掌を下に向けて「おいで、おいで」とするが、欧米人には「あっちに行け」か「さようなら」と解釈されてしまう。手の掌を上に向けて、指または手や腕全体を手前に向かって振るのが普通である。
  • 日曜日の引越は避けたほうがよい。

その他

チップ: チップの習慣が明確な額は無くおつりの際の小銭を渡す。タクシーの場合は、料金の10%ほど。