トップ >  エリア別ガイド >  生活(パリ)

ヨーロッパ都市一覧

生活(パリ)

治安

フランスの治安は比較的良いといわれてきましたが、近年は悪化傾向にあるようです。中でもテロの増加に対しては治安当局も敏感になってきているようです。基本的には、日中市内を歩くことには全く問題はありませんが、人の多いところでのスリ、ひったくり、置き引き、自動車盗難などには注意しましょう。特にメトロ内では気が付かないうちにナイフで鞄に穴を開けて財布を抜き取る犯罪が多発しています。また、夏の長期バカンスを狙った空き巣事件が多いので注意しましょう。

医療

フランスの医療は日本と同様に健康保険への加入が原則となっています。現地法人で就労する外国人も加入することになっています。日本と違う点は、医療費は一旦自己負担で全額を支払い、後で保険から払い戻しをうけるという点です。また、普通の病院ではフランス語以外は通じないので、言葉に自信がない場合には、英語や日本語が通じる病院を事前に調べておきましょう。
フランスの医療水準は日本と同様に高く、安心です(ただし、歯科治療は日本で受けたほうがよいとアドバイスする人が多い)。また、日本語の通じる医師、病院も多いので安心です。

日本語の通じる主な医療機関

アメリカン・ホスピタ
63 Bd. Victor Hugo 92200 Neuilly
TEL : 01-4641-2515(日本人セクション)
クリニック・チュラン(Clinique Turin)
(日仏健診センター)
9, Rue de Turin 75008
TEL : 01-4293-1027

教育

子女を帯同する場合に教育の選択肢は比較的広いです。学齢期の日本人生徒のおよそ半分が日本人学校で学んでいますが、現地校やインターナショナルスクールに通う児童も多いです。近年は現地校の中で、日本語教育セクションを開設する学校が増えつつあります。たとえば、公立のラ・フォンテーヌ校では、日本の学習指導要綱にのっとった国語と社会の授業受けることができます。また、幼児教育の場合は、日本語セクションがある幼稚園が何校かありますので、安心です。

日本人学校で学ぶ

パリ日本人学校 7 rue Jean-Pierre Timbaud78180 Montigny-le-Bretonneux FRANCE
TEL : +33-1-30453434
URL : http://www.parinichi.com/

生活慣習

フランス全般

  • 家へ招待された際は、菊、カーネーション、黄色い花は持って行っていけない。
  • 日本では手招きするときに手の掌を下に向けて手を上下に振りますが、欧米人にはこれは「あっちに行け」か「さようなら」と解釈されてしまうのです。手の掌を上に向けて、指または手や腕全体を手前に向かって振るのが普通です。