トップ >  エリア別ガイド >  交通(シンガポール)

交通(シンガポール)

交通

シンガポールの交通網は非常によく整備されており、移動はきわめて便利で安全です。特にバス網は全国土を網羅しており、使い慣れると非常に便利です。また、マイカーを持ちにくいシンガポールではタクシーも庶民の足になっている。

バス

日本と違い手を挙ないと停車はしてくれない。乗車時に金額を告げて現金を料金箱に投入するか(お釣りは出てこない)、ez-linkカード(JR東日本の Suicaや西日本のIcocaと同じ)をドア近くのパネルにタッチして乗り込む。降車時は備え付けのボタンを押して降車意思を伝える。バス路線のガイドブック「Transit Link Guide」は必需品。

MRT

街の中心地は地下鉄に郊外は高架式になっている。バスと共通のez-linkカードで改札を通るか、構内の自動販売機でOne Way Ticketを購入して利用する。

タクシー

日本に比べて料金も安く大半の運転手が英語を理解するので、非常に便利で使いやすい交通手段です。流しのタクシーも多く日本と同様に手を挙げて止める。助手席、後部座席ともにシートベルトの着用が義務付けられているので忘れずに着用する。

運転事情

シンガポール全般

車は左側通行。東南アジアの中では交通違反に対して非常に厳しい。商業地区、ビジネス地区では、車両乗り入れ規制区が設けられている為渋滞は少ない。一方通行路が多いためルートを覚えるまでは苦労する。駐車違反の取締りが非常に厳しいため、路肩駐車はしないこと。 入国した日から1年間は国際免許もしくは、日本の免許と大使館で作成する英文翻訳証明書で運転ができる。現地の免許に切り替えるには、シンガポール滞在が 1年未満ならば学科試験のみ、1年を超えている場合は、学科試験と実技試験に合格しなくてはならない。1年以上の駐在が明らかな場合には、早めに切り替えをしておくほうがよい。