トップ >  エリア別ガイド >  ビザ取得方法(台湾)

ビザ取得方法(台湾)

台湾に駐在するために必要なビザの手続きは、まず現地での許可公文書を取得する。許可公文書が現地から送られてきた後に、日本で長期滞在用の「居留」ビザの申請を行う。現地での許可公文書は通常2~3週間で取得できる。別の方法としてまず短期の「停留」ビザで入国して、現地に到着後に「居留」ビザに切り替えるという方法をとることもできる。

主な駐在用のビザ

  • 居留ビザ

申請・取得の基本パターン

パターン2
(日本で手続き+現地で手続き<許可>現地が先)

必要書類

○本人のビザ
  • パスポートコピー(残存期間6か月以上)
  • 写真
  • ビザ申請書 2通
  • 経歴書
  • 卒業証明書(英文)
  • 許可公文書(現法で取得)
○家族ビザ
  • パスポートコピー
  • 写真
  • 戸籍謄本 3通 (要認証)
  • 本人の居留証コピー

家族の申請

日本で、必要書類を揃えて「居留」ビザを申請する。必要書類の戸籍謄本は、台北駐日経済文化代表処による認証が必要となる。

取得までの流れ(赴任者本人)


※1:パスポート、写真、経歴書、英文卒業証明書
※2:パスポート、写真(4.5cm×3.5cm)3枚、申請書2通、許可公文書

問い合わせ先

台北駐日経済文化代表處
東京都港区白金台5-20-2
TEL03-3280-7800(代表)
http://www.roc-taiwan.or.jp/
台北駐日経済文化代表處 横濱分處
神奈川県横浜市中区日本大通60番地
TEL045-641-7737(代表)
台湾内政部警政署・入出境管理局
100-66台北市廣州街15號
TEL886-2-2388-9393