トップ >  コラム >  帰国前の悩み事

帰国前の悩み事

米国からの帰国を目前に控え、荷物の整理(処分するもの、新たに買うもの)について日増しに考えるようになりました。現在の住まいに比べ、日本の家は狭くなるため、出来るだけ処分した方が良いと一足早く帰国した同僚に言われ、そのつもりで整理をしていますが全く整理がつかず、ある帰任者からは、あれだけ処分したのに結構要らないものが多かった。という声も聞きます。

しかし、帰国後の生活に際し再び買わなければならないものも多く、それならば今のものを処分せず、そのまま持って帰ろうかとも悩みます。例えば米国の家具、特にテーブルやソファは日本で購入するよりもずっと安いのですが、日本の家には合うサイズなのか、いっそのことすべて日本で買い替えて持ち帰るのを我慢したほうがいいのか、等などです。

自身の経験や依頼をした引越会社、周りの駐在員に色々とヒヤリングをした中で自分なりにまとめたものをご紹介します。

○引越費用等が会社負担であれば、皆さん大きなベッドなど選別せずにドーンとまとめて持って帰っているようです。そして日本で使えなかったら日本で処分するそうです。ただし、この考え方は社会人としてどうか、という疑問は感じます。

○引越費用等が自己負担であれば、家具や自転車などはすべて処理してダンボール箱とスーツケースなど、ほとんど身の回り品で帰国する方もいらっしゃいます。中には日系スーパーの掲示板にインフォメーションを貼って譲ったり、ガレージセールなどで処分したりしてから帰国する方もいるようです。

○新しく駐在で来られる方もいらっしゃるので、そのままお譲りすると喜ばれるようです。商社マンの方は自動車等高いものなど互いに売り買いは良くなされているようです。

○荷物の選別基準としては、電化製品を除き日本から持ってきたものは持って帰り、現地で買ったものは処分されている方が多いようです。電化製品は、駐在している間に驚くほど進化していて持ち帰らなくて正解という意見もありました。確かに家電製品は日進月歩ですから。

○キッチン用品や衣類は持ち帰る方がいいようです。欧米の食器やキッチン用品はしっかりしているので持ち帰っても使い続けられるようです。衣料は日本に帰ると流行廃りがありますが、買い変えてしまうと結構出費になるそうです。

○海外引越しの配送ですが、各引越会社も破損・損傷には注意を払いますが、傷がつくなど小さい損傷を含めて、いつも一定率で損傷が出るようです。船便、航空便とも梱包はされますが、立派な梱包をしても、運が悪ければ家具が傷んだり破損したりするようです。業者側もコンテナ内で木枠を固定するなどの工夫をしていますが、それでも発生するようですから予め覚悟をしておいた方が良いようです。

これから赴任をされる方、帰国をされる方、参考にしてみて下さい。