トップ >  コラム >  海外引越豆知識

海外引越豆知識

国内引越と海外引越には多くの相違点がありますが、そのうちの一つが「容積重量」「実重量」です。
○容積重量(VOLUME WEIGHT)貨物の容積を6,000cm3当たり1kgとして換算した重量(6,000cm3/kgはIATAの全世界共通の基準)
○実重量(ACTUAL WEIGHT)梱包を含めた貨物の実際の重さどちらか重い方を、CHARGABLEWEIGHT として適用します。

算出方法

容積重量(kg)=縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)÷6,000(cm3/kg)(端数は0.5kg単位に切り上げ)
例:寸法40cm×30cm×30cm(小数点以下四捨五入)、実重量10kgの荷物の場合、容積重量は、40×30×30÷6,000=6kgとなります。

料金は、容積重量をもとに6kgで算出します。

重さに比べて容積の大きな荷物の場合、「容積重量(VOLUME WEIGHT)」が適用されます。重量については、IATA(国際航空運送協会)の規定に基づき、貨物の容積重量(VOLUME WEIGHT)が実重量(ACTUAL WEIGHT)を超える場合は、容積重量をもとに料金を算出します。

普段の生活では耳慣れないルールですが、容積重量と実重量を正確に測定し、正しい重量を適用することが引越トラブルの回避、そしてスムーズな海外赴任につながります。