トップ >  コラム >  在外邦人の一時帰国

在外邦人の一時帰国

田中 聖子(会社員)

海外在住の邦人となり早や5年超。たびたび帰国していますが、先日身内に不幸があり急きょ一時帰国することになりました。夜に一報を受けたため予約センターも旅行会社もクローズ。翌朝、当日の航空券を購入するしかありませんでしたが、当日購入は正規料金となりとても高額。通常の3倍近くしました。仕方ないといえばそれまでですが、やはり高いですよね。家族連れであればもっと深刻かと思います。

航空会社のなかには、忌引割引(Bereavement Fare)を設定しているところもあるそうです。欧米系の航空会社に多いそうですが、事前に調べておくと急な帰国の際も安心です。私が利用した航空会社には設定がなく残念でした。知人の中には、オープンのチケットを常備しておく方や、マイレージを貯めて無料航空券を発券し、いつでも帰国できるように用意されている方もいました。家族と離れて暮らしていると、家族の一大事に海外からはすぐに駆けつけられないので準備をしておくといざというときに便利です。

また、在外邦人だから利用できるキャンペーンもあります。海外在住で日本行きの往復航空券を所持していると日本の国内線を1区間が約1万円で最大5区間まで利用できるものです。私はこのビジットジャパンフェアーの航空券を利用し、一時帰国の際に沖縄や北海道へ旅行に行きました。海外の永住権を保持していたり、外国人の配偶者を持つ在外邦人はJRのジャパンレールパスも利用できるそうです。海外在住のこの機会に国内旅行を楽しむのも一つの手ではないでしょうか。海外生活でたまったストレスを国内旅行で癒すのもアリだと思いますよ。日本の繁忙期でも利用できました。

さらに、在外邦人が日本で買い物をした場合、免税になるというメリットもあります。私は、海外の暮らしに慣れたとはいえ日本製品のお世話になりながら暮らしています。最新型のパソコンやデジタルカメラ、美味しいご飯の炊ける炊飯器など、家電が中心となりますが、外国では手に入らないか、とても高額ですので、帰国時に購入し持ち帰っています。いくつかの制限がありますが(1万円以上の購入と海外で2年以上の利用、消耗品以外など)、5%の割引で購入可能です。今後、消費税が上がる可能性もありますし、ぜひお試しください。観光客の多い百貨店や家電店であれば手続きも簡単です。制限品や規則は国税庁のサイトをご参考ください。家電ショップによってはポイントカードとの併用ができなかったりしますので事前確認が必要ですが、交渉次第で融通もきくようです。贈答品にも適用されますので外国の友人らへのギフトにも最適です。私はストッキングやハンカチ、洋服の購入に頻繁に利用します。

皆さんも在外邦人だからこそ享受できるメリットを活用して、日本国内の旅行や免税での買い物を楽しんでください。