トップ >  海外赴任・海外出張リロケーションガイド >  機内持ち込み荷物とチェックインバゲージ

機内持ち込み荷物とチェックインバゲージ

携帯荷物の重量制限

携帯荷物

直接自分で持参する荷物
※航空会社により異なるところもあるので、詳しくは搭乗予定の航空会社に問い合わせる。

受託手荷物

路線、搭乗クラスによって個数制限と重量制限がある。

  1. 米国(グアムを含む)、カナダ、メキシコ、ブラジル発着便について
    • ファーストクラス、ビジネスクラス:2個。それぞれの荷物の3辺の和が158cm以内で32kg以内。
    • エコノミークラス:2個。ファースト・ビジネスクラスの条件+2個の3辺の和が273cm以内。
    • 乳児運賃を支払った乳児:1個。3辺の和が115cm以内の荷物1個、及び折りたたみ式ベビーカー、乳児携帯用ゆりかごまたはチャイルドシートの何れか一つ。
  2. アジア・ヨーロッパ線について
    • ファーストクラス:合計重量40kg以内。
    • ビジネスクラス:合計重量30kg以内。
    • エコノミークラス:合計重量20kg以内。
    • 乳児運賃を支払った乳児:合計重量10kg以内のものと、折りたたみ式ベビーカー、乳児の携帯用ゆりかごまたはチャイルドシートの何れか一つ。

※無料手荷物許容量を越える場合は、超過手荷物料金が発生する。
原則:搭乗区間エコノミークラス大人片道普通運賃×1.5%×超過重量(kg) (100円単位切り上げ)
※大型手荷物(3辺の和が203cm以上、重量32kg以上)や大型楽器については、予め、搭乗予定の航空会社に問い合わせる。
※ものによっては特別規程が設けられている。

<適するものの例>

下着、替え上着、すぐに必要な日用雑貨、食器などを重量制限いっぱいまで持っていく。
スーツケースは、それ自体かなりの重量があるので、できるだけダンボール箱や大型のスポーツバッグなどの利用をお勧めする。

機内持ち込み手荷物(日系航空会社の場合)

身の回りのもののほかに、3辺の和が115cm(55cm×40cm×23~25cm)以内、重量10kg以内の手荷物1個。
客室内の収納棚または座席下に収納できるもの。

<適するものの例>

現金・パスポート・書類・印鑑・航空券・貴重品・カメラ・洗面用具や化粧品・筆記具・携帯オーディオ など

帰国時 輸入に関する注意

通関に必要な書類

パスポート
本人のほかに同伴家族の分も必要な場合もある。海外でパスポートの再交付を受けた人は、旧パスポートも必要。紛失、あるいは所持していない場合は、日本からの出国年月日を事前に連絡する。
別送品申告書
帰国時、空港での通関の際に必要。機内にて携行品・別送品申告書が渡されるので、2通作成する。
輸出国の動物・植物検疫証明書
家畜伝染予防法・植物検疫法の対象荷物を輸入する場合。
船荷証券
裏面にサインをする。
パッキングリスト
領収書
海外で購入して物で新品とみなされるもの。所持していない場合は、指定の用紙に購入価格を記入して税関長に提出。

通関上の注意

税関の確認が済むと、携行品・別送品申告書の1通は返却されるので、大切に保管。荷物到着後にパスポートなどと併せて運送業者に渡す。別送申告書の再発行、訂正および入国後の申告はできない。有効期間は6ヵ月で、それを過ぎてから到着した荷物は一般の輸入荷物として課税。

別送品の申告を忘れた場合

申告を忘れた荷物は、一般輸入貨物としての手続きが必要となる。ただし、税関長あてに願書を提出すれば、課税扱いの引越荷物として通関できる場合もある。

領収書を所持していない場合

海外で購入して1年経たない物や、帰国の際に新たに機内や空港で購入したもので、領収書を持っていない場合は、品名・価格・購入年月日などを記入して税関長あてに提出。