赴任生活を楽しむ

伴侶動物の医療現場から

早い段階から準備を 伴侶動物医療の現場で獣医師として働いています。当動物病院にはたくさんの伴侶動物とそのご家族がおいでくださっていますが、最近では日本国内外を問わず、伴侶動物と共に居を移されたり、一時的に転勤をされたり、留学をされたりする....

ペットフード専門会社からのアドバイス

ペットの健康管理において、毎日の食生活は人間と同様とても大切なことです。 そこで、ペットフード選びにおいて重要なポイントは、愛犬・愛猫の食事管理をするには、まず栄養バランスに優れた主食を選ぶことです。ペットフードメーカーを問わず、「総合栄....

ペットシッターとのつきあい方

ペットシッターとは 環境の変化を嫌うペットのために、シッターが飼い主の自宅に行き、普段と変わらない環境の中で留守番中のペットの世話をすることをペットシッターと呼ぶ。旅行、出張、病気などでペットの世話ができない、仕事が忙しくて十分遊ばせて....

ペットホテルの利用法

近年のペットホテル事情 最近のペットブームで、ペットの飼育世帯が確実に増加している。一方、レジャーの大型化、多様化で、飼い主が家を留守にすることも多く、ペットを良い環境で預けられるホテルへの需要はおのずと高まっている。一般のペットホテル....

国際運転免許証

国内の運転免許証を持っている人は、国際運転免許証(法律上は「国外運転免許証」)が取得できる。現在の免許証を更新している試験場・警察署の窓口で申請しよう。申請書に必要事項を記入し、現在所持している免許証(有効期間1年以上)、パスポートなど外....

保険への加入

保険への加入 社会保険や国民健康保険の完備している日本で暮していると、病院の窓口で支払う自己負担金(実際の医療費の3割程度)が医療費だと誤認しやすい。また、海外での医療費は私たちの想像以上に高額なため、請求を受けて、その金額に驚くことも多....

コンセントの種類と電圧

赴任前の準備に忘れてはならないことが、赴任国の電圧とコンセントの形態を調べ、必要なトランス(変圧器)やコンセントのプラグ変換具を購入することです。 日本から持ち込む家電を使用する場合には必ず必要で、現地では入手することが困難な場合が多いの....

現地での生活の始め方

在留届の提出 日本人が外国に3か月以上滞在する場合は、在外公館(日本国大使館・総領事館など)に「在留届」を提出しなければならないと、旅券法第16条に定められている。在外公館の窓口にある所定用紙に必要事項を記入して提出するが、遠隔地の場合は....

新しい生活を楽しもう

国政選挙への参加 在外選挙制度の創設により、2000年5月1日以降の国政選挙から、海外赴任者も投票に参加できるようになった。海外で投票するためには、まず在外公館(大使館・総領事館)で「在外選挙人名簿」への登録申請が必要である。 在外選....

国際郵便・国際電話

海外への荷物の送り方 国際郵便は、ハガキや手紙などの小さなものから30kgまでの大きな荷物までを、個人ユーザーからビジネスユーザーまで簡単便利に送ることができる海外発送サービス。 輸送方法の違いにより大きく四つに分けられ、配達所要時間が....

パソコン・インターネット

海外で日本語のパソコンを使う 海外生活にも必要不可欠となったパソコンとインターネット。国内外を問わず、連絡や情報のやりとりが瞬時にできるこの仕組みができてから、グローバル化を急速に推し進めるツールとして、もはや人びとの生活必需品となって....

安全対策(1)

安全情報を集める 海外赴任が決まったら、その国や地域における政情や犯罪、衛生環境・医療事情などについて情報を集めることが必須である。とくに日本人が、どういうトラブルに遭遇しやすい傾向にあるかを知り、自分たちなりの心の準備をしていきたい。企....

安全対策(2)

住まいの安全 家の安全対策 海外赴任が決まり、さまざまな情報が集まり始めると、家族全員で話し合うことが大事になる。おたがいに、いまどこで何をしているかを把握しあう習慣を身につけ、得た情報は一緒に検討し共有しあうことが、家族の安全レベルを....

服・靴のサイズ

海外に赴任して戸惑うことのひとつに洋服の購入があります。特に欧米では体格の違いからなかなか自分に合ったサイズの服を見つけるのが難しいことがあります。日本で着ていた服は極力赴任先に持っていくようにして、生活が落ち着いたら自分に合った洋服が買....