トップ >  海外赴任・海外出張リロケーションガイド >  短期滞在型マンション

短期滞在型マンション

住居探し

moving_house.jpg

海外からの人達には「日本の家は狭い」と感じる事が多いかもしれません。来日前に希望の間取り、㎡数、駐車場の有無、ベランダの有無、エリアなどを確認し、予算の中でどのような物件があるかを事前に調べておくことをお勧めします。全く情報がないまま家探しをすると「思っていたよりも狭い」「どのエリアが良いか分からない」「希望の家がない」など時間がかかってしまう可能性があります。同じ予算でも日本では広い家に住めない可能性もありますので、出来れば間取りや写真などを事前にメールで送っておくといいでしょう。
良い物件は来日前になくなってしまう可能性も高いですが、ある程度の情報があると、来日後スムーズに物件探しをする事が出来ます。物件探しを早めにスタートさせる事により、ホテル滞在費などを抑える事が出来ます。

家具付マンスリーマンション

数ヶ月などの短い滞在を予定されている方達には、家具付マンスリーマンションをお勧めします。必要な物は揃っており、レンタル布団などのサービスもあるので、家具や電化製品を購入する手間が省けます。しかし料金のわりに部屋が狭いと感じる物件が多いかもしれません。赴任に来る人の滞在期間、会社から出る家賃補助、立地条件などを元に家具付にするかしないかを選びましょう。

furnished.jpg

家具付きサービスアパートメント

洗剤や食器などもついているので物件探しの間の滞在や短期滞在に便利です。サービスアパートメントなら、清掃のサービスや24時間外国語対応(一部中国語も)の電話サービスもあるので安心して滞在できます。一営業日前の連絡でも大丈夫です。