物件探し

日本の物件探し

まず日本に到着して行いたいことは「物件探し」です。よりスムーズな物件探しのために、来日前に地域や物件の情報を調べておくことをお勧めします。
物件が決まっていないと、外国人登録をすることが出来ないため、他に必要な再入国許可証や銀行口座開設などの手続きも遅れてしまうので気をつけましょう。

最近はインターネットで物件を探すことが出来ますが、賃貸仲人会社と直接メールなどでやり取りをする方が、入居者の希望や条件により近い物件を早く探すことが出来ます。来日前に連絡を取り、もらった物件の情報からある程度の数に内覧希望物件を絞り、来日後に内覧されると無駄な時間が省けます。

住居の契約

living.jpg

日本での生活手続きは全て住居の契約から始まります。来日前に間取りや写真である程度まで物件を絞り、来日後いくつかの物件を内見します。気に入った物件があればオーナーへ申込みをし、申込みが通れば契約手続きに入ります。

入居前に

入居前に家具や電化製品の購入のために、下記を調べておくと便利です。

living_house.jpg
  • カーテンサイズ(既製のサイズがなくオーダー注文の場合、お店でレールと窓枠のどちらを測ったか、など詳しく聞かれるので、細かくメモをしておくとちょうど良いサイズのカーテンが仕上がります)
  • 天井照明(数と設置スイッチのタイプ)
  • 洗濯機置場(置場の寸法、ドラム式を置く時は特に細かく測りましょう)
  • 各部屋の寸法(家具の配置を考えながら間取り図に記入)

※お店で購入時に詳しく聞かれる場合が多いので、細かく測り、出来れば写真を撮っておきましょう。

入居

いよいよ入居日。不動産会社から鍵をもらったら、家の周辺を歩いたりゴミの出し方のルールなどをチェックすると良いでしょう。近くのコンビニエンスストアや遅くまで開いているスーパー、医療機関を予め調べておくと、いざという時に便利です。