トップ >  海外赴任・海外出張リロケーションガイド >  赴任のタイムスケジュール

赴任のタイムスケジュール

数字で見る海外赴任

在留邦人数100万人を突破  わが国の対外経済活動の変化に伴い、海外に派遣される社員も変化してきた。1960年代は営業担当を主体とした「尖兵」のような駐在員が派遣され、1970年代には現地法人設立のために財務・経理担当者も加わり、1980....

計画の立て方

情報の収集から 海外赴任が決まると、「現在住んでいる住居をどうするか」から始まり、「日本に残していく荷物と赴任先へ持っていく荷物の仕分け」「子どもの転校手続き」「予防接種」など、処理しなければならない用事や作業が次々に重なってくる。 心....

帯同の検討

夫婦・家族で話し合う  海外赴任は、家族のあり方や子どもの将来について、いやがおうでも考えさせられる契機になる。赴任先に、よほどの問題がないかぎりは家族帯同が望ましいのだが、子どもの教育問題、とくに子どもが有名校に在籍している場合は悩みも....

赴任のタイムチャート

 情報を集めながら、ある程度の大まかな計画を立ててみよう。だいたいの流れは表のようになるが、あくまで目安である。  たとえば、子どもの教科書をもらおうとしても新年度の教科書がまだ刷り上っていないということもある。  一度決めたことでも、家族....