トップ >  海外赴任・海外出張リロケーションガイド >  持ち家を空き家のままにする

持ち家を空き家のままにする

持ち家を空き家にしたままにしておくと、急速に傷んでいく。とくに湿気は住居にとって大敵で、「風を通すこと」が管理上の必須事項となる。完全な密閉状態にしておくと、畳が湿気を含んで膨れ上がり、床板も天井板も朽ちてしまう。どこからか入り込んだ植物の種子が育ち、家のたてつけも狂わせるのである。また、給・排水管は長期間使用しないでいると、内部に錆が発生するし、寒冷地なら破裂することもある。
これらのことを考えると、最低でも月に一度くらいは通風、換気、通水(あるいは干水清掃)を行うべきであろう。親族などに頼めない場合は、留守宅管理の専門業者が空き家管理サービスを提供しているので、それを利用するのも一つの方法である。

リロケーション業者の空き家管理サービス例

○通風・換気(60分)

全室(押入れ、物入れを含む)開放の上、空気を入れ替え

○通水

60秒くらい開放し、錆の付着防止、排水トラップ(臭気防止部)の注水

○清掃

建物内部の簡単な掃き掃除

○庭木のチェック

剪定の要否、消毒の要否のチェックを致します。

○雨漏りのチェック

各室内側より、雨漏りの症状(しみなど)をチェック致します。

○メンテナンスチェック

塗装・外装仕上げ・木部・鉄部など補修の必要性をチェック致します

○権利関係チェック

日照・通風の阻害となる周辺の環境変化をチェック致します。

○近隣訪問

ご指定の近隣を訪問し、連絡事項をお尋ねします。

○有事の巡回

台風・地震・大雪・火災・豪雨により被害が発生した恐れのある場合、臨時巡回

○報告・連絡

報告書は、一ヵ月毎に作成し、ご報告致します。

○特別報告

臨時報告すべき事項は、電話・特別報告書を作成し、ご報告
【本サービス利用にあたってのアドバイス】
1.火災保険は、充分な金額をつけましょう。
2.屋根・テレビ・アンテナ・その他取り付け物は、事前に点検・補修を実施しておきましょう。
3.郵便局に転送届けを提出してください。
4.退去時には充分、清掃を実施しておきましょう。
5.水道・電気は、使用できるようにしてください。
6.退去時には、給湯器の水抜きを万全にしてください。