トップ >  海外赴任・海外出張リロケーションガイド >  世界の住宅事情・持ち家を賃貸する

世界の住宅事情・持ち家を賃貸する

各国住宅事情

海外赴任を快適なものにするためにも住宅は慎重に選びたい。利便性や安全性、子どもがいる場合は学校の選択や通学のことも考慮しなければならない。特集では、日本人の赴任者が多いニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、バンコク、上海など世界11都市の住....

自宅をどうするか

選択肢を慎重に検討 海外赴任が決まった際に自宅が持ち家の場合、売却する、賃貸物件として運用する、空き家のままにしておくといった選択肢がある。さらに賃貸で運用する場合でも、知人や親戚に貸す、勤め先の社内借り上げ制度を利用する、専門のリロケ....

借家住まいの注意点

賃貸借契約の解約 住宅の賃貸借契約を借り主の側から解約する場合は、一定期間をおいた予告が必要である。一般的には1~2か月前までに解約予告をするように定められているが、自分の契約書では期間と予告の方法(通常は文書で通知)がどうなっているか....

持ち家を賃貸する

家を貸すということ 赴任している間に期間限定で家を貸し出し、家賃収入を得ることができれば大きなメリットである。月々のローン返済を家賃収入でまかなっている赴任者も多い。もっとも、これは自宅を購入した時期によっても事情が変わってくる。198....

持ち家を空き家のままにする

持ち家を空き家にしたままにしておくと、急速に傷んでいく。とくに湿気は住居にとって大敵で、「風を通すこと」が管理上の必須事項となる。完全な密閉状態にしておくと、畳が湿気を含んで膨れ上がり、床板も天井板も朽ちてしまう。どこからか入り込んだ植物....

家を売却する

売却するまでの流れ 海外赴任を契機に自宅を売却したい場合は、大まかに以下のような手順で進める。 1.物件の価格査定 2.不動産業者へ媒介を委託(媒介契約の締結) 3.購入予定者の内覧 4.売却条件の交渉 5.売買契約の締結、手付金(物件....

家の税金

家を貸した場合の税金 サラリーマンでも家賃収入などを得た場合は、不動産所得として確定申告が必要となる。不動産所得は総収入-経費=不動産所得となる。不動産所得はほかの給与所得などと合算して総合課税される。経費として認められる主な項目については....

赴任地での住居

家を探す 赴任地での住宅探しは学齢期の子どもがいるか、単身または夫婦のみかなどによってポイントが変わってくる。 学齢期の子どもがいる場合は、居住する地域の選択肢に限りがある。これは、海外の小中学校では、スクールバスでの通学か両親の送り....