日本への引越手配

引越

moving.jpg

日本へ家具や家族分の家財道具、衣類など、たくさんの物を送りたい場合は引越業者を利用することをお勧めします。引越業者への依頼はだいたい2週間前を目安にしましょう。 日系の引越会社を使うと、到着後の引越作業もスムーズにいきます。

単身の場合で衣類や身の回りの物など、ダンボール2、3箱で充分な場合は現地の郵便局や配達業者の利用が便利です。

スーツケースに詰められるだけ詰めても重量制限で引っかかってしまう事があるので、到着後すぐに必要なもの以外は別便で送るなど、気をつけましょう。また、日本には持ち込んではいけない食べ物や物があるので、注意が必要です。

日本への持込みが禁止されているもの

  • あへん、コカインなどの麻薬、大麻、あへん吸煙具、覚せい剤 、向精神薬など
  • 通貨又は証券の偽造品、変造品、模造品
  • 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品(わいせつ雑誌など)
  • 偽ブランド商品など知的財産権を侵害する物品
  • 家畜伝染病予防法と植物防疫法で定める特定の動物とその動物を原料とする製品、植物とその包装物など
policeman.jpg

日本への持込みが規制されているもの

  • 野生動植物を保護するための「ワシントン条約」に該当する物品
  • 果物・野菜・切花など
  • 生肉・乾燥肉・ハム・ソーセージ・チーズ
  • 猟銃・刀剣など
  • 数量制限のあるもの
  • 医薬品、化粧品など