航空券手配

航空券手続き

earth.jpg

在留資格の申請が終わり、ある程度来日予定日が分かったら航空券を購入します。在留資格の取得に思ったより時間がかかる場合もあるのでスケジュール管理はきちんと行いましょう。チケットの種類は色々ありますが、赴任の場合は往復航空券ではなく片道航空券を購入する場合が多いため、格安チケットではなく正規運賃のチケットを購入しなければならないことが多いです。チケットの種類は様々ですので、用途にあったチケットを購入しましょう。

正規運賃航空券(ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラス)

発行日より1年間有効で、予約、経路、航空会社の変更や、払戻しなどが可能。ただエコノミークラスには、途中降機、乗り換えに制限があるものも存在するので気をつけましょう。

IATA正規割引航空券(エコノミークラス)

IATA(国際航空運送協会)に加盟する航空会社なら、どの航空会社でも利用可能。周回旅行に利用可能で、有効期間は行き先によって異なり、経路や予約の変更が出来ない場合もあります。また取消しや払戻しには、手数料がかかります。

正規割引航空券(ビジネスクラス・エコノミークラス)

各航空会社が独自に定めた運賃で、原則、往復とも同一航空会社を利用。経路や予約変更が出来ない場合もあり、取消しや払戻しには手数料がかかります。早割り運賃などの割引もあります。

格安航空券(ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラス)

旅行代理店でのみ購入可能なチケットで様々な制限がある代わりに安く購入できます。

FIXチケット

出発前に全便の予約を確定するので、後で変更ができないチケット。

OPENチケット

出発後に帰国便の日程の変更ができる航空券で、出発前に帰国便を確定しなくても大丈夫なチケット。

FIX OPENチケット

出発前に前便の予約の確定が必要ですが、現地で帰国便の変更ができるチケット。変更の際に手数料がかかる場合もあるので、予約時に確認しましょう。

航空券の予約に関してはこちら