エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

United States of America アメリカ

ビザ取得方法 アメリカ

住宅マーケット概況

歴史のある街ボストンでは、築70 ~100 年といった建物は珍しくなく、"古くて高い" ボストンのアパートに最初は戸惑いを覚えるかもしれません。
一般的なボストンの賃貸住宅契約の流れは次のようになります。
現在のテナントが家主に退去通知を出すのは、通常契約が切れる数ヵ月前です。優良物件は、募集の告知が出てすぐに入居者が決まる傾向にありますので、条件に合った物件が見つかった時点で契約をするのが得策です。
すぐに入居したいが実際に物件を見てから決めたいと希望される場合、賃貸需要の高いボストンでは選択範囲が狭まってしまい、ホテルやかなり割高な短期アパートに数ヵ月滞在する可能性があることも念頭においておかれるほうがいいでしょう。

代表的な住居エリア

単身者、カップルの方が多く住むエリアが、ボストン市のバックベイ、又はハーバード大、マサチューセッツ工科大学のあるケンブリッジ市。ご家族連れの方に人気のエリアは、優良公立学校で知られ、しかも市内やロングウッド・メディカルにアクセスが便利なブルックライン市となります。又、在米期間が2、3年となりアメリカ生活にも慣れ、郊外の生活を 満喫されたい方に人気なエリアが、リントン、レキシントン、ニュートン、ベルモント市となります。
バックベイ、ケンブリッジ、ブルックライン市の賃貸価格帯は、スタジオタイプで$1,600、1ベッドタイプで$2,200、2ベッドタイプで$3,000 となります。
築浅高層アパートビルはさらに上乗せした価格帯が相場となります。 州都ボストンの 2 大産業が医療と教育であるマサチューセッツ州は、教育先進州と言われています。その教育システムは、近年なされた連邦レベルと州レベルでの教育改革が大きな柱となっています。
前者がブッシュ大統領によって 2002年に制定された「落ちこぼれゼロ」法(NCLB)であり、後者が 1993 年に成立された「マサチューセッツ州教育改革法案」です。
NCLB に先駆け、同州では1998 年より、「マサチューセッツ州総合評価システム= MCAS テスト」が実施されています。
テスト結果はマスメディアによって公表され、行政区、学校、人種などあらゆる側面から詳しく分析され、人々の高い関心が寄せられるため、その街の不動産価格にまで反映されます。

家具情報

家具なしの物件が一般的ですが、キッチンには冷蔵庫、コンロなどの設備が備わっています。 ランドリーが室内に設置されているビルは少ないですが、郊外のタウンハウス・一戸建には付いております。

住宅慣習

  • 仲介手数料:賃貸の1 か月分
  • 契約に必要な初期費用:最初の月、最後の月の家賃、1 か月分の保証金(合計3か月分)、その他鍵の交換費、エレベータの特別使用料、管理会社への登録費など。
  • 契約期間:年間契約が基本となり、短期アパートもあるがかなり割高。
  • 解約方法:原則的にはできないが、万一解約をする場合はまず大家に一報し、どのような形で大家が次のテナントを探したいかを聞く(テナントが次を探すのか、大家が探すのか)。いずれにしろ次のテントが見つかり契約発生時まで家賃を払い続ける義務がある。
  • 清掃費、修繕費は解約をするテナントが持つ。大手管理アパートビルによっては、ペナルティー付で解約方法が契約時に示されているところもある。

BACK