エリア別ガイド各国の代表的な都市別に、基本情報から交通・医療・住宅情報などをご紹介

Australiaオーストラリア

住宅マーケット概況

シドニーの賃貸物件はオーナーが投資として購入し、賃貸に貸し出している物件しかありません。
日本のように賃貸専用住宅がなくすべて分譲マンションとなります。最近は新しいマンションも多く増えましたが、供給不足のため家賃等は強気の価格帯です。
シティ周辺は単身の方に人気があり、殆ど高層大型マンションであり、ビル管理人も在住しておりセキュリティーの面では安心です。プールやジムも完備されているマンションも多いです。日本人ご家族に人気のあるエリアは日本人学校にも近いノースショアエリアになり、広めのマンションが人気です。家賃は毎年5% 前後上昇しており、契約期間は最低半年からとなります。

駐在員の代表的な住居エリア

チャッツウッド

シドニーの中心地から電車1本で行ける、交通至便な北郊外の街。駅前には大きなショッピングセンターや商店街、ビジネスビルが立ち並び、アジア食料品店も多い。また、大通りを1 本入れば閑静な住宅街が広がる。日本人学校行きのバス停があることから、お子様連れのご家族にも人気のエリア。

ノースブリッジ

19 世紀に造られた有名な石橋「CammeraySuspension Bridge」を中心に栄えた住宅街。特に、日本食料品店や日本人開業医がいることで人気があり緑豊かな公園が点在しゴルフ場もある。穏やかな内海にも面しているほか、閑静な住宅街としても注目。主に戸建て物件が多い。

ノースシドニー

シドニー・ハーバー・ブリッジを渡ってすぐのビジネス街。交通の便がよく、シドニー・シティにも近いことから居住エリアとしても注目。駅構内にショッピングモールがあり買い物にも便利。また、高層マンションが多く立ち並びシドニー・ハーバーを望むことのできる眺めの良い物件が多い。

シティ・オブ・シドニー(CBD)

 「CBD」と呼ばれるビジネス街を中心に広がるオーストラリア最大の都市。多くの企業がシティに集中する中、モダンな高層マンションも多い。ショッピングモール、レストランが充実しているのはもちろん、交通網も発達しているので、シティ・ライフを満喫したい人にオススメ。

セント・レナーズ

 ハイライズのマンションが立ち並ぶモダンな街として、人気急上昇となっているエリア。駅に直結した高層マンションがあることでも有名で、駅の中にはスーパーマーケットやショップもあり、生活しやすい。大きな救急病院が駅の近くにある点も安心。

ミュニシパリティ・オブ・モスマン

 シドニー北郊エリアの中でも有数の高級住宅街で知られるセレブな街。メインストリートのミリタリー通り沿いには、お洒落なカフェやレストランが多く、日本食レストランもある。雑貨やインテリアショップなども充実していて、ウィンドウショッピングも楽しめる。落ち着いた雰囲気のバルモラル・ビーチにも近い。

ニュートラル・ベイ

日本食レストランや焼肉店、アジア食料品店などが数多く集まっていることで人気のエリア。大通り沿いにカフェやレストラン、スーパーマーケットが立ち並ぶ。こぢんまりとしながらも暮らしやすいことで知られている。シドニー中心やチャッツウッドへもバス1本で行けるので、交通、買い物も便利。

一般的な家具情報

基本は家具なしですがCITY やノースシドニーであれば家具付きの物件もある。

住宅慣習

契約期間は、通常6 ヶ月以上です。但し、日本人の多くは1 年契約であり、その後は更新されている。賃料は、週単位で提示されている。契約先不動産エージェントにもよるが、基本的には月額一括払い、若しくは2 週間毎の支払いが一般的。支払方法は、契約によっても違うが、

  • バンクチェック(銀行が発行する小切手)
  • インターネットバンキング
  • 銀行振り込

となります。この賃料には、殆どの場合、光熱費や電話代は含まれていない。但し、水道代に関しては、オーナーが全額負担するものとそうでないものがあるので注意が必要です。敷金は、契約に際し、賃料とは別に賃料の4 週間分の敷金の支払いが必要です。退去時、問題がなければ全額返金される。契約にかかる諸経費として上記敷金の他に、2 週間分~ 1 ヶ月の家賃前払金が必要。

BACK